活動・議会報告

【一般質問・答弁】平成22年9月第3回定例会

2010/09/03 掲載

  1. 有害鳥獣対策について

    有害鳥獣対策について再度質問を致します。前回の答弁での自衛隊祝園弾薬支所周辺のいのしし被害対策については、自衛隊周辺の鉄製フェンスは早急な対応で工事を実施して頂いてると聞いています。
    そこで伺う。

    1. 自衛隊祝園弾薬支所周辺の工事の進捗状況は?
    2. 近隣地域及び町内の被害状況と今後の町としての対応策は?
  2. 公共下水道工事の進捗状況について

    国道163号線の拡幅工事に伴い、柘榴地区の公共下水道工事については同時並行で行うという事であったが、国道163号線の拡幅工事が半ば凍結状態の中、同地域に対する今後の取り組みについて伺う。

    1. 柘榴地区の工事の進捗状況については?
    2. 国道163号線の拡幅工事がいつ再開になるか不透明であるので、時期を見て下水工事を先行して実施する考えはあるのか?

以下、上記質問[1.有害鳥獣対策について]に対する精華町の答弁です。

 1.の進捗状況について、でございますが、自衛隊では現在、フェンスを設置するための造成工事や伐採工事が実施されております。

 フェンスの設置距離につきましては、約3キロメートルで、工期は来年の3月末日までとのことでございます。その他、具体的な状況につきましては、防衛機密ということで情報の開示はされていませんが、次年度以降も、老朽化したフェンスを継続して改修するとのことでございます。


 2.の近隣地域及び町内の被害状況につきましては、京田辺市におきましても、自衛隊周辺地区を中心に、イノシシによる農作物の被害が発生しております。また、木津川右岸の和束町や宇治田原町などでは、イノシシのほかに、サルとシカによる被害がより深刻な状況となっていることを確認しております。

 また、本町の被害状況につきましては、イノシシにより、タケノコやサツマイモ、更には水稲などに被害が発生しております。

 また、田んぼの畦などが荒らされるなど、農作物以外の被害も生じています。

 現在の捕獲状況ですが、自衛隊内におきましては、精華町猟友会の全面協力のもと、昨年の狩猟期間の11月15日から現在の間で、イノシシを52頭捕獲されています。今後も引き続き、実施することを要請していますし、自衛隊側も積極的に捕獲することの共通認識を持っていただいております。

 また、自衛隊以外での捕獲については、平成21年度実績として9頭で、今年度は現在3頭捕獲しているところです。なお、1月15日から2月15日までの狩猟期間については、捕獲数を確認できませんので、実質的には更にこれ以上捕獲しているものと考えています。

 イノシシによる被害は、自衛隊周辺を中心とした対策となることから、今後においても京田辺市や関係機関などと連携しながら効果的な対策を講じてまいりたいと考えています。

以下、上記質問[2.公共下水道工事の進捗状況について]に対する精華町の答弁です。

 大きな2番の公共下水道工事の進捗状況についてでございますが、1の柘榴地区の工事の進捗状況につきましては、平成19年度より平面測量に着手し、平成20年度に柘榴地区の西側の詳細設計を行ったところでございまして、東側地区の詳細設計につきましても、国の交付金、従来の補助金の状況を見ながら実施していきたいと考えております。

 また、2につきましては、平成22年第1回定例会でもご答弁申し上げました通り、国の直轄国道の凍結候補路線に国道163号精華拡幅が含まれておりましたが、今年度におきましては、予算規模が縮小されてはおりますが、事業は継続されております。

 ご承知の通り、柘榴地区からの汚水管は事業認可上でも国道163号線に埋設しなければならないため、国道の拡幅工事の着手時期が非常に不透明な状況に困惑しているのが現状であります。

 今後も、引き続き関係機関から情報収集を行うと共に、面整備工事につきましては、手戻りがないよう、整備可能な箇所から着手していきたいと考えております。

前のページへ戻る